手賀沼浄化の推進!

手賀沼が長年ワースト1を続けている理由は近隣の人口が増え、
生活排水を流すためです。特に汚すのは米のとぎ汁です。
このとぎ汁とEM(微生物)を混ぜ、米のとぎ汁EM発酵液を
河川に流すと水質浄化作用があるとボランティアグループ
「EMカワセミの会」が立ち上がり、河川浄化に協力しています。

月に2回米のとぎ汁EM発酵液を上大津川に流しています。
流す前はアオコがあり、汚かったが今は、臭いもなく
きれいになったと近所の人から喜ばれています。

戻る